伊那市民体育館附属施設


 

 
既存の体育館と同一の敷地に建つ建物で、既存施設に不足している会議と軽運動の機能を補うための施設である。計画の初期段階では、既存体育館と新しい施設の接続を屋外通路(新設)で行う予定であったが、新たにつくる屋外通路によって駐車場内の車の通り抜けが分断されてしまうことや、建物同士を接続させることによって法的に既存建物の改修工事が必要となってしまいコストが余計に掛かってしまうなどの要因から、駐車場内に別棟で独立させて計画することとした。
建物の建つ場所については、既存の体育館と面する西面をのぞいて視線を遮るものはなく、特に塩見岳や仙丈ヶ岳などの南アルプスの山々を望むことのできる東面については、伊那谷特有の眺望が期待できる。したがって建物の外壁については、すべての面に大きな窓を開けるデザインとし、2階の窓からは南アルプスのなどの眺望を楽しむことができ、1階の東の窓からは施設の駐車場に立つ桜を目の前で楽しめるよう計画をした。建物ができたことによって、普段何気なく見過ごしていた山々や桜が新たに認識され、結果として建物が周環境を再認識するような場所となればと考えた。
外観の色については、モダンな外観をした既存の体育館の色味にあわせて黒とシルバーのツートンカラーとし、内観の色については、空間の背景になるようモノトーンで統一した。
 
※株式会社建築研究所フォーラムでの担当物件
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share: