2019/05/31

Previous Post


ちきりんさんの新刊。ご自宅のリノベーション経験から得た知見を徹底的に顧客目線で語っているのが最大の特徴。リノベーションとは?に始まって、予算やスケジュール、工務店選びから引っ越しまで、実際のリノベーションの手順が網羅的に「顧客目線」で書かれており、リノベーションに限らず、新築のお客様にも読んでもらいたい内容の本でした。あと、「世の中の取引には、売り手と買い手が「等価な価値を交換する取引」と「両者で共に創出した価値を訳ある共同プロジェクト型の取引」(P34)」があり、リノベーションは後者であるという記述はとてもコンサルタントらしい指摘で、例えば僕に引き寄せていえば、住宅のクライアントが住宅メーカーの仕事と設計事務所の仕事を同じものだと考えている状況を見事に言い当てており、さすがだなと大いに感心させれました。

Previous Post Share Post :

More Posts