天使幼稚園未満児棟

Previous Project


 

 
長野県伊那市の天使幼稚園の認定こども園部門。1965年に設立された既存の幼稚園に、3歳未満児の保育と給食調理場の部門を補うことを目的とした。敷地は、既存幼稚園の裏側で駐車場として利用されていた場所で、段々状にふたつのレベル差がついている。敷地のレベル差を有効利用し、体格差のある3歳未満児(0-2歳)と3歳以上児(3-5歳)のスペースの独立性を保ちながら、効率よく給食調理場にアクセスできるような建物を目指した。
 
配置計画としては、既存幼稚園と同レベルの1階部分に給食調理場を配置し、未満児部門については、敷地の一段上がった場所に2階部分として平屋状に配置する計画とした。平面計画については、子供たちの管理が容易になるようなシンプルなレイアウトとし、室内からの外部への視線の抜けなどについても、子供の気が散らないようモアレ状のフィルムを貼るなど、既存の幼稚園での運用経験を多く反映させた。特に天井高については、あえて高くない天井高とすることで、子供たちが安心感を感じられるよう、特別な配慮をした。また、内装についても、低い天井高や外部への視線の抜けの少なさ、あるいは管理の観点から多くなった木製建具などの影響により、屋内が閉鎖的にならないよう、白を基調とした色彩で統一した。
 
みまもりの視線が子供たちの成長に寄り添う、大きなキャンバスのような建築を実現させた。
 
 
※動画撮影:青木圭一/SODAfilm
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地周辺図
 

1階平面図
 

2階平面図
 
 

Previous Project Share:

Previous Project
Previous Project